FC2ブログ
I giorni felici di una principessa 姫のご機嫌な日々を綴ってみました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋人はサンタクロース②
2005年12月29日 (木) | 編集 |
指輪を買った姫たちは夜景を見に港へ。

港の大きな水のクリスマスツリーがあることをネット知った姫。
寒空のなか歩くこと数十分。
(何かあるいてばっかだな、姫)
港に到着。
ツリーはどこ??
2人で港中を歩き回って探すけど、見つからない・・・。
「今日はツリーの時間終わっちゃったんだよ」
ダリリに言われしぶしぶ帰ることにした姫。
見たかったのにな、残念。

夜はホームパーティ

急いでグラタン作る姫。
クリスマスの音楽も流して準備万端だぁ。
急遽頼むことになったピザも来て、
姫はサンタさんの服を来て、
ロウソクの灯りのもと
ワインをあけてロマンチッックなクリスマスだぁ

「何か、チキン重くない?お茶飲もうよ。」
ワイン意味なし・・・・。
「これ間空けると食べれなくなっちゃうよ!」
ひたすら食べる時間・・・。

ロマンチックなクリスマスはどこに行ったの?

結局苦しくなるまで食べて食休みして、
可愛いサンタの乗ったクリスマスケーキを食べました。

ロマンチックなクリスマスはー

結局ロマンチックからは程遠いクリスマスだったけど・・・。
(予想通り)
楽しくて思い出に残るクリスマスでした。

ありがとね、ダリリ。


ちなみに姫の見れなかったクリスマスツリーは、
冬じゃなくて夏にやってるものでした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
新参者です♪お手柔らかにお願いネ!分からなくって今日の出来事なんだけど...
2006/01/07(Sat) 00:41:47 |  初めての日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。