FC2ブログ
I giorni felici di una principessa 姫のご機嫌な日々を綴ってみました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またしても遠距離恋愛。
2006年04月19日 (水) | 編集 |
姫達はもぅずっと前に付き合っていて一度別れてます。
その後1年後くらいにまた会うようになって元サヤになったの。
その後半年後くらいにダリリが群馬へ行き遠距離に。
そしてその2年後に彼は神戸に行ってしまい今の状態に

遠距離が始まる頃、これからどうしようって不安もあったけど、
正直、何か実感なかったんだよね。
だって毎週会ってた彼と来週からは会えませんってなっても、
何かリアルじゃないよね?

遠距離が始まって1週間で分かりました。
遠距離の大変さ。
だって寂しいんだもん。
今何してるんだろぅとか浮気してないかなって、
毎日不安だった。
遠距離なんて続けられない~って友達に泣きついたことも。(その節は皆様ありがとう)
最初は本当にそれしかなかった。
連絡取れないことで喧嘩して、会えなくて寂しくてダリリに電話しまくってた。
(そのたびに時間作っては何時間も電話したり会う時間作ってくれたダリリにも感謝です・・・申し訳ない。)

だけどそんな子供な姫にも分かってくる。
実は距離はそんなに大きな壁じゃないって事が。
確かに近くに彼がいる人と比べれば、金銭的にも時間的にも障害はあるよ。
だけどそれ以外は他の人と変わらない。
もしダリリが離れてる間に浮気をしたとしたら、
それはきっと遠距離じゃなくてもしたと思うし、
2人が別れてしまったら、近くにいてもきっと別れてたと思う。
結局、距離があるなんて後からついてくる言い訳なのかもしれない。

それでもやっぱり会える時間は少ないんだよね。
それはもう2人で話し合って乗り越えていくしかない。
一番大事なのは一緒にいたいっていう2人の気持ちなのかも。
それに考え方を変えれば、少ない時間を有効に使う事で2人の時間、
自分時間を有意義に過ごすことができちゃう。
これって実はすごいことなのでは
会えないからって毎日ダリリのことで泣くんじゃなくて、
自分を磨く時間に変えてしまうのだ

それから伝えて聞くことの大切さ。
付き合ってる期間が長くなると何となく伝わってるって思いがち。
もちろんそうゆう事もあるけど、実際は伝わってないことのが多くて、
結局喧嘩になったりしてしまう(姫はよくあります(汗。
きとんと言葉にして相手に伝えれば回避できる問題が沢山あるって事を学びました。
姫達が出来る最低のコミュニケーションは話し合って、信頼関係を築いていくことなんだぁって。

でもだからって会わなくていいって事はないです
切ないことに会えない時間が長くなると、
相手がいなくても平気になってしまう。
それは避けなければいけない
姫は最低でも2ヶ月に1回くらいは会う時間を作るようにしてます。
なか②難しいときもあるし、1ヶ月に1回って事もあるけどね

姫も心がけてるんだけど、これは距離に関係なく余計なことを考えない。
実は自分が考える不安が10個あったらそのうつい9個は実際には起きない事なんだって。
だけど、その考えのせいで起こるはずのない9個も起きてしまうらしいよ。
何事も前向きに考えていく姿勢が大事なのね。

でも一番重要なのは遠距離の今後の予定をきちんと立てるって事かな。
だって先の見えない遠距離なんて疲れちゃうもん。

だけど色々考えてみると、遠距離って2人の絆も深くなるし、
本当は長続きする恋愛のかたちなのかな。
なか②出来なぃ事も多いけどね







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。