I giorni felici di una principessa 姫のご機嫌な日々を綴ってみました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠距離恋愛4年目。
2006年05月09日 (火) | 編集 |
姫が千葉に帰ってきて2日が経ちました。
帰ってきた日は1人で寝るのがすごく切なかったけど、
今日はもう大丈夫な姫がいます。

帰ってきてからまだまともにダリリと電話してない。
何だかダリリはお疲れ気味で
早速生活にすれ違い・・・??

今日は写真を現像してきたの。
でも写真を見てびっくり
だって風景ばっかりなんだもん。
確かに今回は京都でお寺を沢山撮ったけど、
2人の写真がほとんどないの
逢えない2ヶ月これで乗り切ろうって思ってたのに。
お寺じゃ乗り切れない~

いよいよ遠距離恋愛4年目の始まり。
逢ったトキは幸せでも、
帰ってくるとすぐに不安になって寂しくなる。
喧嘩が増える・・。
きっとダリリも不安なのにね。

離れた場所から嫉妬しても疑っても仕方ない。
結局それは2人の間に溝を作るだけになっちゃう。
それに負けない強い気持ち、
ダリリとこの先も一緒にいたいってゆぅ気持ち。
愛する気持ちが光なら、
その後ろにある嫉妬や不安は陰。
陰の気持ちに振り回されないように、
光を沢山持っていたい。
その陰にも光が当たるように。

逢えないことをただの障害にはしない。
逢えないからこそ姫はダリリへの愛を育てるのだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
>逢えないことをただの障害にはしない。

とても心に響きました。
まだ遠恋をはじめたばかりで、ものすごく不安を感じていました。

でも、この言葉のおかげで、これからも、この恋愛を続けて行く勇気が持てた気がします(TдT)
2006/05/10(Wed) 07:48 | URL  | りお #-[ 編集]
こんにちは。ご訪問ありがとうございました(^▽^)
私もさっそく遊びに来ました。

「三都物語」のあたりから読ませてもらいました。
GW、満喫できたようですね♪
彼氏さんと一緒にお出掛けだなんてうらやましいです。
遠距離恋愛4年目なのですか・・・!
すごいですねぇ~。
私なんてまだ1ヶ月だからヒヨっ子ですね(笑)
これからも彼氏さんへの愛を大切に育てていってください^^

それではでは、また来ますね。
2006/05/10(Wed) 14:19 | URL  | きさ #-[ 編集]
こんばんは~☆
ブログへのご訪問&コメントありがとうございました^^

かのこ姫さんたちは、4年目になるんですね~(*^^*)
GW関西方面に行かれてたんですね。
彼が名古屋に一時期いたときは、神戸で会ってたこともあって、神戸の写真がなんだか懐かしかったです(^^)ゞ

光を沢山持っていたい…って、なんか素敵な気持ちですね。
これからもお互い頑張りましょうね♪
2006/05/10(Wed) 22:05 | URL  | 柳 #aIcUnOeo[ 編集]
りおさんへ。
v-16ご訪問ありがとうございます。

姫も遠距離始めた頃はすごく不安でいっぱいでした。
(今でもだけど・・(汗)
でも色んな人のブログを見てると、悩んでるのは姫だけじゃないんだなって励まされてます。
姫の言葉に勇気づけられたなんてっ(><)
恥ずかしいけど、嬉しいです。
お互いに頑張りましょう★
2006/05/10(Wed) 23:02 | URL  | かのこ姫 #-[ 編集]
きささんへ。
v-20ご訪問ありがとうございます。
GWは楽しく過ごしてきました♪
彼に会いに行くのを口実に観光もしちゃいました(笑。
たまにしか逢えないので、
4年一緒にいても今だに新鮮ですよ。遠距離の特権かも・・?

始めたトキはこんなに続くと思なくて自分でもびっくりです。
これからも頑張ります!!
きさんもファイトです。v-22





2006/05/10(Wed) 23:07 | URL  | かのこ姫 #-[ 編集]
柳さんへ。
v-254ご訪問ありがとうございます。

神戸は本当に夜景が綺麗な街ですよね。
いつも姫のわがままで夜景を見にいってます。
何となくロマンチックになれるので、好きなんです。

遠距離もあと1年!
何とか乗り越えたいです。
柳さんもファイトで乗り越えてくださいねv-238

2006/05/10(Wed) 23:15 | URL  | かのこ姫 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。