FC2ブログ
I giorni felici di una principessa 姫のご機嫌な日々を綴ってみました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美容院。
2006年05月28日 (日) | 編集 |
姫は美容院は苦手・・・・
だって②「こうゆぅ風にしたぁいなぁ」ってイメージしていって、
そうなったことが一度も無い・・・

でもさすがに行かないと、
プリンちゃんだし、
これからの時期しんどくなっちゃぅから

そんわけでホットペッパーで地元の美容院探して、
行くことに。
お値段はもちろん大事だけど、
お店とか店員さんの雰囲気も大事だよね。

初めて行ったお店だったけど、
店員さんもみんなおしゃれだし、
お店の雰囲気もおしゃれ
そうすると、お客としては変な期待を持ってしまぅのよ。
「ここなら成功するかも

シャンプー後早速、カット開始
どきどき。。。。
店「どんな感じにしますかぁ?」
姫「長さは変えないで、軽くしてください。」
店「(雑誌みせながら)こんな感じ?」
姫「これは短いかも。長さは変えたくないんです」
長さを主張する姫。
ここで切りたい店員と姫のバトル開始
店「梅雨時期にこの長さは厳しいよ」
姫「そうですか・・・・。でも、今伸ばしてるんですよね。」
店「だったらなおさら切ったほうがいいよ」
姫(なんで!?)
店「これそんなに短くないし」
姫(嘘ぉ~、これショートじゃん!!)
店「これくらいが可愛いよ」
姫「・・・じゃぁこれくらいで
(可愛いならありだよね

美容院マジックにかかり、
ばさ②切られる姫。
え、こんなに切るの???
店「今日はお休み?」
姫「土日休みなんで・・。」
店「何の仕事してるの?」
姫「OLです。」
店「この辺?」
姫「新橋です。」
店「へぇ遠いねぇ。家はこの辺なの?」
姫「そうです。南柏なんですよ。」
店「へぇ・・・。」
(会話盛り上がってないから!!)
 
切り終わって。。。。。

店「こんな感じ。」
姫(超ぉぉぉ、短いぃぃぃぃぃ
これはいったいどうしたものか。。。。。

そんな姫なんて気にせずカラーリング。
色を決めたら店員さん交換
カラーはまた別の人がやってくれるの。

店「結構思い切ったよね」
姫「はぁ・・・・」
(こんなはずじゃなかったんですよ。)
店「今日はお休み?」
姫「土日休みななんで・・。」
店「何の仕事してるの?」
姫「OLです。」
店「この辺?」
姫「新橋です。」
店「へぇ、遠いね。家はこの辺なの?」
店「そうです。南柏なんですよ。」

マニュアルですかっ!?
それとも姫のデジャヴですかっ!?

そんな会話はまだ続く。。。

店「何で来たの?」
姫「自転車です。」
店「自転車いいよね。俺も自転車すごいすきで。
  どこ行くにも自転車なんだぁ。」
姫「自転車楽チンですよね。家はこの辺なんですか?」
店「渋谷なんだ~。」
(渋谷っ!?
 渋谷から自転車なの??)
店「さすがにここまでは電車だけどね。」
(ですよね~

カラーリングも無事終わり、
さっき切ってくれた人が色のチェック。
店「シャンプーして乾かしたら、また軽く切るね。」
(また切るの!!??)

そこでまた店員さん交換
シャンプーはまた別の人なの。
シャンプー中ってどうしていいのかわかんないよね。
何か辺に緊張する。

そんなシャンプーさんから驚きべき一言が!!
店「今日はお休み?」
またー!!??
ここまでくると・・・・
これってフリ?
「3回目ぇ~!」
って姫に突っ込めって事??
もぅいいからぁぁぁぁ!!!

もう書くのもめんどぃので、以下同文って事で。
★中略★

無事シャンプーおわって髪乾かして、
店「この辺少し軽くするよ。」
姫「あ、はい。」
(・・・・もう好きにして。よくわかんないから)
投げやりな姫。

店「(鏡を開いて)こんな感じ。どう?」
姫「あ、はい。そんな感じで。」
だってこれしか言いようないじゃん。
どう?って聞かれたって、
「あ、はい」しか答えられないよ!

結局。。。。美容院って難しい。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。